2011年10月03日

溶 接 し た 夜




この暮らしが、平穏

って言うのかもしれない

充足は習慣にしちゃいけない



やっぱり歳をとるほど、時間は

早く経つものなのですか?


まだ21歳なのに、その圧倒さに

怖じけづいてしまいます

充実した毎日が、やっぱり少し怖い

それだけだよ
posted by 凛子. at 02:45| Comment(5) | ◆つ ぶ や き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

不 感 症




そっと そっと、ただいま。


古くなり続けている文字のわたしは

ここにしかいません、でしたね。


残ってくれていて ありがとう

ここにいるわたしは、今のわたしの中に

どれだけ残っているかわからないけれど

今ならそっと抱き締めること出来るような気がするよ。
posted by 凛子. at 00:00| Comment(4) | ◆つ ぶ や き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

パッケージ化された女



前の日記からずいぶんと経ってしまったー。
前って言っても、つぶつぶの書き込みだからもっと前かな。



何を書いたらいいのか、分からないけど順調に充実してます。



まだ決めてはないけれど、
一人暮らしするための貯金をしてる。通学が少し大変ということもあって。

親が協力すると言ってくれたけど、
それじゃあ何だか違う気がして遠慮した。

用意された暮らしだと、何かままごとのような気分になって
清々しく生活を始められない気がした。

そうでなくとも、きっと大変なのだろうから、尚更自分の力で一人暮らしを始めなきゃ納得できない。

進むなら最初から自分の力で進みたいし、生活の基盤になるような自信も多少なりとも身に付けたい。

ってまだ分からないけれど、見えない不安は見える手で、確かな感触を持って、かき消されたらいいや。


あと来年から自動車学校。
田舎には欠かせない。
怖いけど、わくわくうっふーです。


今まで自分は何を身に付けてこれたか、何を持っているかを考える日々です。

もう消してしまったけれど、ここで書いた思想や問わず語りの感性は
今思えば、私の内側でまわっている能書きでしかなかった。

間違ってはいなかったし、無駄ではなかったけれど、
胸張って言えることは何にもなかった。

けれど、それがあったからこそ今書ける詩や小説があるのだから、
大事に育てていきたい。



今は言葉にしなくていいことの方が多くなった気がする。

表現は放棄しないけれど、やたらに首輪をはめるように並べ立てるのはやめようと思った。

それでも主張したくなったら創作に食べさせてやりたい。


悲しいことも増え続けるばかりで減りはしないけれど
日々の経験が悲しみの飼い方を補ってくれてる。
嬉しかった出来事より、そっちの方が私の救いになってる。
だけど、感性はまだ16歳くらいで止まってる感覚がある。

忘れないでいたい。
生活が進んでも、感性だけは老化してほしくない。
わたしはまだ進化と老化の違いを確かに感じとってないから。

皮肉と暴力を忘れないでいたい。やめないでいたい。
そういうのを書いていたい。
posted by 凛子. at 00:00| Comment(2) | ◆つ ぶ や き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。